忍者ブログ
ペットは大切な家族だから毎日散歩でいつまでも元気でいて欲しい。愛犬の関節に毎日散歩
愛犬関節サプリメント毎日散歩には「グルコサミン」と言う成分と「イミダゾールペプチド」と言う成分が主な成分です。 この二つはどの様な特徴があるのだろう。

グルコサミン(関節成分)
毎日散歩に含まれてるグルコサミンには、磨り減った軟骨を修復する働きがあると考えられています。 そして軟骨が磨り減るのを防ぐ働きもするらしいです。

魚や動物のムコ多糖類、そしてカニの甲羅やエビの殻など甲殻類の表面の硬い部分に含まれている成分で軟骨を構成する成分の一つです。

加齢によりすり減ってしまった軟骨を修復する働きや新しい軟骨の生成を促進する働きがあるそうです。

⇒ 愛犬関節用サプリメント【毎日散歩】





イミダゾールペプチド(筋肉成分)
毎日散歩に含まれてるイミダゾールジペプチドとは、肉体疲労や精神疲労の回復に適してるとされて、長時間飛行しづつける「渡り鳥」の力の源とされています。

動物は「細胞内」でエネルギー作って、それを基に筋肉を動かしています。

運動をすると活性酸素による酸化のが原因でこのエネルギー生産能力を低下させてしまいます。疲れたときに感じる「休息がほしい」や「だるい」や「気力が出ない」などの感覚は、実は酸化ストレスによってエネルギーの生産量が不足したために感じるそうです。

この活性酸素を除去するものに抗酸化物質にイミダゾールジペプチドで抗酸化物質であると言われています。

⇒ 愛犬関節用サプリメント【毎日散歩】





PR
ペット文化と共に、街の動物病院はドンドン増えて来ました。

近所に「ペットショップ」が無くて困る事が有っても「動物病院」が無くて困るって事が本当に少なくなってきました。

そして医療技術も物凄く進歩しています。!!


しかし飼い主さんの悩みは別の方向にスライドしただけ…

それはペットの医療費の高騰、ペットを家族同様に考えてる人は多く、ちょっとした事でもお医者さんに見てもらいたいですが、ペットには健康保険が適用されません。

1回見せるがけで、数千円係り、入院や手術となると、数十万円の治療費が掛かります。 ペットの命とお金を天秤に掛けてはダメだけど現実的に生活を圧迫しかねません。

ペットの飼い始めは「ペット保険」の加入も検討した方が良いですね。

[PRサイト]PS保険のデメリットもチェック


愛犬の関節痛み。犬は人と違って、医師の言うことを聞いたり上手に「リハビリ」を行ったり出来ません。 だから「関節を痛める」と厄介です。 関節を痛めてしまうと「負のスパイラル」に突入し、症状を悪化させていきます。

だから「歩き方に違和感」「段差が辛そう」「走らなくなる」などの症状を見つけたら、犬用サプリメント【毎日散歩】がおススメ!!

⇒ 愛犬関節用サプリメント【毎日散歩】

愛犬関節負のスパイラルとは?

1関節に体重などの負担が掛かると「関節内の軟骨」に負担が掛かり、消耗していきます。
2関節の軟骨の消耗で骨同士がぶつかり合って、関節が炎症起こしたり痛くなる
3関節が痛いので、立ち上がったり、運動するのが嫌になる
4運動量が減るので、脂肪が付きやすくなる
5脂肪が付くので、体重がおもくなり、運動不足のため筋肉がおちる
6体重が重くなる事で、より関節に負担を掛けてしまいます。→1へ

この様に犬が関節を痛めることは、人間が関節を痛めることより深刻です。

毎日散歩は、犬用のサプリメント味が「チキン」の様な感じなので愛犬たちは喜んで食べてくれます。

そしてその効果や目的は、関節の痛みを和らげ、すり減った軟骨の修復を目指し、関節回りの筋力をアップさせます。

関節の痛みが完治したら以後愛犬の体重には気をつけて行きましょう♪


⇒ 愛犬関節用サプリメント【毎日散歩】








ペットの体を支えてる関節の炎症は「負のスパイラル」を巻き起こしやすく関節のケアは痛みへの対策と、関節自体の治療の両面から行う事になります。

関節のトラブル負のスパイラル

①関節の障害
軟骨が少なくなり、骨と骨がぶつかりやすく関節に痛みもでる

②活動量(運動量)の低下
関節の痛みがあるため、動きたくなくなります。

④エネルギー消費の低下
運動量が減るので、エネルギーの消費(脂肪燃焼)が減ってきます。

⑤体重が増えて来ます
ペットの肥満化が進み、以前に増して関節に負担がかかる様になります。①にもどる。

⇒ 愛犬関節用サプリメント【毎日散歩】


ペット犬に多いとされてる変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)は、になると軟骨が傷つき、骨と骨が直接ぶつかってしまう事で、炎症を起こしたり痛くなったりします。

治療を行うには
①現状の痛みの軽減
痛みがあると、運動不足や筋力低下など悪い事が連鎖します。痛みを軽減して少しでも動けるようにして上げます。

②不足してしまった軟骨の関節
サプリメントや薬を使って傷つきすり減ってしまった軟骨を再生します。

③体重を軽くする
関節症になった原因の1つに、自分の体重もあるので体重調整は重要です。

関節疾患(関節の病気)の予防方法

①太らないようにします。
肥満による筋力低下や体重増加は関節に負担を掛けます。

②無理な運動はさせないようにする
若いうちは好きなように運動させて良いと思うけど、それも4歳まで、5歳を過ぎたら無理な運動をさせない様にしましょう。

③食事に気を付ける
5歳を過ぎたら、ドッグフードの見直しをして食べ過ぎない様にしましょう。 シニアの犬には、カロリー低めで、乳酸菌など腸の調子をよくする成分の食事を取らせてあげましょう。


⇒ 毎日散歩は詳しくは公式ぺージで








愛犬が関節を気にしてる事が「不安」なんです。犬は関節を痛めると運動不足になって、元気が無くなります。

そんなときは愛犬の関節にサプリメント「毎日散歩」がおススメ!!
毎日散歩は【筋肉成分】と【軟骨成分】のダブルパワーでしっかりケアします。関節予防だけでなく体全体の健康管理につながります。

⇒ 毎日散歩は無添加サプリメント詳しくは

この様な「しぐさ」が気になったら愛犬の関節疾患(かんせつしっかん)のサインかもしれません。
・ぐったりした感じで、歩く時下を向いている
・関節が硬くて曲げにくそう
・階段など「段差」が辛そう
・ゆっくり立ち上がるようになった
・走りたがらない
・患肢(うれいあし)や脊髄(せきずい)を気にして触れると嫌がる
・不機嫌になったり、食欲が無くなったり

最近ペットの「健康寿命」って言葉を耳にします。長く一緒に暮らすために、愛犬からのサインを見逃さずにケアする事って大切なんですね。

関節健康維持は、愛犬5歳になったら気に掛けてあげよう、日々のチェックが症状悪化を防ぎます。

犬たちは人間より早く老化して行きます。
実は「小さい犬」より「大きい犬」の方が老化が早く、小さい犬で10歳前後、大きい犬で7歳前後で老化が始まるそうです。
筋力の維持
適度な運動
肥満防止
そして関節や軟骨の維持をしっかりケアしてあげる事で、健康寿命を長く一緒に居られます。

「筋肉成分」「軟骨成分」「関節成分」が毎日散歩には、しっかり入ってます。



⇒ 毎日散歩は無添加サプリメントです詳しくはこちら





[1]  [2
忍者ブログ [PR]